合唱コンクールで使える指揮のコツ|振り方編

こちらでは、中学校や高校の合唱コンクールや、合唱祭で指揮を振るんだけど、コンクールまで時間がない! 短い時間で何とかできないか!という人に、振り方のコツ、楽譜分析のコツ、練習のコツの3つに分けて、合唱指揮のコツをお伝えします。今回は、指揮を上手く振るコツです!

合唱コンクールで使える指揮のコツ

  1. 振り方のコツ ←イマココ
  2. 楽譜分析のコツ
  3. 練習のコツ

ということで、指揮の振り方のコツについて、お伝えしていきます^^

 この記事を読む前に

この記事の内容が、
ちょっと今の自分に合ってない(高すぎる)と感じた場合は、
完全初心者向けに記事を追加したので、そちらも参照してください!

合唱コンクールで指揮を振る事になったけど、どうしたらよいかわからない人へ
(こちらをクリックすると、別タブで開きます。)

それでは、以下より本記事をお読みくださいm(_ _)m

………

この記事で紹介しているテクニックは、
自分の経験と、多くの先達指揮者のワザを盗んで合成したものの中から、
即効性のあるものを厳選しました。

割と簡単に実行できるので、
その効果を実感するまでに、そんなに多くの時間はかからないと思います。

が、一点注意してほしい事があります。

それは、
中途半端にやらない、やるなら徹底的にやる
という事です。

例えば、この記事を1回さらーっと読んで、
全部を実行できるかというと、なかなかそうはいきません。

多分、勘の良い人や経験のある人でも、
2~3回は読まないと、正確な理解には至らないと思います。

もちろん、そんな10回20回読みなさい!なんてことを言うつもりもないのですが^^;
やるならしっかりと取り組んでみてください。

クラスメイトや先生のあなたを見る目は変わります!

………

ってことで、
これから、指揮の振り方に関して6つのコツをお伝えします。

まずは、ガーッと全部読んでみて、できそうな項目をもう一度丁寧に読んでみてください。

 

指揮の振り方のコツ

1~6は、一応順番になっていて、
練習、本番で実行する際は、1から順々にやっていってもらえればOKです。

  1. しっかりと立つ
  2. 指揮を振り始める前に、全員とアイコンタクト
  3. 最初の1音に全神経を集中
  4. 指揮は小さく振る
  5. ここぞ!という場面の、指揮を考える
  6. 切った後も音楽は続いている

では、1つずつ説明していきます。

 

 しっかりと立つ

まずは、きちんと立つことから始まります。

両足をそろえ、ピシッと立ちます。

下半身=適度な緊張

上半身=姿勢よくリラックス

これがポイントです。

下半身では、お尻や太ももの後ろを、キュッと占めるようにします。

上半身は、特に肩から先をフリーにしておくと、良い感じです。

慣れていないと、
なんだか照れくさくてフラフラしてしまいがちですが、
腹をくくってビシッと立ちましょう!

初心者の場合、ビシッと立てるか立てないかで、
あなたの指揮の価値はほとんど決定
してしまいます。

 

 指揮を振り始める前に、全員とアイコンタクトをとる

アカペラ曲でも、伴奏つきの曲でもそうですが、
振り始める前には、必ず、合唱団1人1人とアイコンタクトをとって下さい。

「皆、準備はいいかい?(キリッ」

って感じにです。

これは冗談のようなマジの話です。

これがあるかないかで、

指揮は見ないしテンポはバラバラ、
呼吸のタイミングもズレズレ。。。

という残念な合唱になるか、

指揮をしっかりと見てピタッとテンポがそろい、
合唱団が自分の指揮についてくれる!

という嬉しい合唱になるかが決まります。

ということで、アイコンタクトは非常に大事です。

 

もし今のあなたに、
まだ合唱団をグイグイ引っ張っていくような力がなかったとしても

アイコンタクトが上手

この状態であれば、
かなりうまい具合に合唱団をまとめられます。

 

自信をもってアイコンタクトをするためには、
自分の中にぶれない軸を持っていなくてはいけません。

「自分が合唱団を導いていくんだ」という確固たる意志です。

こういう芯を持つことができれば、
自然とアイコンタクトができるようになってきます。

 

 最初の1音に全神経を集中

「最初の1音に全てが掛かっている」

こう言い切っても良いくらい、
最初の一音というのは重要です。

ですので、
音楽の最初の1音目を素晴らしいものにするため
以下の項目は、最低限チェックしておきましょう。

例えば、

  • 姿勢はどんな感じか?
    若干前のめり?大きくどっしりと?豊かな感じ?
  • 表情はどんな感じか?
    柔らかく?厳しく?悲しく?温かく?
  • 腕はどのように振るか?
    素早く?ゆったりと?厳かに?滑らかに?

こんな風にですね。

若干抽象的(イメージの要素が強い)かもしれませんが、
こういう世界観みたいなものを作っておくことは、
非常に重要です。

こうした作り上げた世界観を
適切に合唱団に伝えるためにも、
自分の指揮のチェックは入念にしておきましょう。

……

「指揮のチェックしろって言われても、
どんな風にチェックすればいいかわかりませんよ。」

……

そんな場合は、
以下のポイントを意識してチェックしてください。

それは、、、

「どうやったら、皆が本番のプレッシャーに負けないで、
気持ちよく声を出してくれるか」

という事。

これを、自分の頭で考えましょう。

「最初は柔らかめの曲調だから、優しく振ってみようかな?」

「みんな緊張してるだろうから、緊張をほぐせるよう自分は笑顔でいこう。」

「いきなり振り始めた息が吸えないから、予備拍を丁寧にしてみようかな?」

こんな風に。

ちなみにこのポイント、
サラッと書いていますが、相当高度なことを要求しています(笑)

ですから、最初からベストな回答にたどり着けなくてOKです。

とにかく、
自分の頭で考え続ける
これを実行してください^^

 

 指揮は小さく振る

さて、曲が始まったら、意識してほしいことがあります。

それは、

「指揮を小さく振る事」

です。

……

「ガクさん。小さく振るってことは、音量を小さくするってことですか?」

……

確かにそう思いたくなりますが、
そうではないのです。

「ここぞ!」という場面で、指揮を印象付けるため

普通の場面では小さく振るのです。

 

………

この感覚分かりますかね?

例えば、お寿司で考えてみましょう。

お寿司が5貫あって、
1.全てわさびが入っている
2.5貫のうち、1貫だけわさびが入っている

1と2、どちらの場合が、
より効果的にわさびを演出できるでしょうか?

ってのと似たような話なんですよね。

この話と同じ感覚で、
指揮も、ここぞって時以外は、
小さく振っておくのがベターです^^

……

「話は分かりました。じゃあ具体的にどのくらいの大きさで振るんですか?」

……

当然このように感じると思います。

では続いて、具体的な指揮の大きさについてです。

これは、指揮者の身長や体格にもよるのですが、

高さ:おへそからみぞおちまで

横幅:胴体の幅くらい

です。

大体、

「30cm四方をちょっと出るかな?」

くらいの大きさで保てると良いかと思います。

 

 表情豊かに

指揮者である以上、
自分の音楽世界を指揮で表現できなくてはならないのですが、

実は、とある方法を使う事で、
指揮がそれほど上手くなくても、
曲のイメージを合唱団に効果的に伝えられる方法があります。

それは、、、

表情を使う

です!

多分多くの人が体験したことがあると思いますが、
指揮者の表情ってのは、想像以上に合唱団に影響を与えるんですね。

指揮者が笑顔で、

「次、ソプラノ行くよ~」とか
「バス、ここ決めてくれよ~」とか

そういった表情を向けてくれるだけで、
合唱団ってのは本来の120%の力を発揮できたりします。

逆に、どんなに指揮の上手い人でも、
楽しいはずの場面をしかめっ面で指揮していたら、
合唱団は絶対についてきてくれません。

それくらい、表情っていうのは重要なんです。

………

「表情ってことは、笑ったりしてればいいんですか?」

……

普通、表情を使うって言われたらこういうイメージを持つかもしれませんが、
表情はもうちょっと繊細なものです。

例えば、
「旅立ちの日に」
という合唱曲で考えてみましょう。

この曲で、
「いま、別れの時~」という場面がありますよね。
(何度か繰り返されるサビの部分です。)

あの場面っていうのは、

長い間苦楽を共にした親友との別れ

明るい未来への希望

この2つが同時に歌われている箇所です。
(簡単に言ってしまえば、という前提で^^;)

 

ですから、
指揮者はこれらを感じた表情をすべきなんですね。

これらの感情を心に浮かべて、
その感情を会場の誰よりも高まらせて、
そして指揮を振るんです。

そうすると、
多少指揮がおぼつかなかったとしても、
あなたの思いはしっかりと会場に伝わります。

そういうものなんです。

 

 切った後も音楽は続いている

そして最後、音楽を切った(止めた)後の話です。

ご存知かもしれませんが、音楽というのは、
切り指示をして、すぐに終わるものではありません。

余韻が残っている

のです。

物理的な表現をすれば「残響」ですし、
精神的な表現をすれば「心の余韻」とかでしょうか。
(まんまですね^^;)

とにかく、切ってすぐに終わるわけではないんです。

この余韻を演出するのも指揮者の仕事なんですね。

自分自身、合唱団、お客さん。

会場にいるすべての人と、音楽の余韻を十分に堪能してから、
腕をそっと下すようにしてください。

そうすることによって、演奏した音楽の感動が、
何倍にもなって返ってきます。

 

 まとめ

ということで、以下の6つのコツについて、お伝えしました。

  1. しっかりと立つ
  2. 指揮を振り始める前に、全員とアイコンタクト
  3. 最初の1音に全神経を集中
  4. 指揮は小さく振る
  5. ここぞ!という場面の、指揮を考える
  6. 切った後も音楽は続いている

繰り返しになりますが、
この6つ全部を、いきなり実行するのは相当難しいですし、
本番だって3つや4つしか実行できないかもしれません。

重要なのは、数をこなすことだけではなく、

一つ一つのコツの完成度を、どれだけ高められるか

ってこともです。

ですから、焦らず、手を抜かず、
一つ一つに本気で取り組んでみてください^^

なお、「この記事は自分にはまだ難しかった~」という人は、
以下の記事も参考にしてみて下さい。

 この記事を読む後に

この記事の内容が、
ちょっと今の自分に合ってない(高すぎる)と感じた場合は、
完全初心者向けに記事を追加したので、そちらも参照してください!

合唱コンクールで指揮を振る事になったけど、どうしたらよいかわからない人へ
(こちらをクリックすると、別タブで開きます。)

その他参考までに…

  〔合唱コンクールで使える指揮のコツ〕練習編

  〔合唱コンクールで使える指揮のコツ〕楽譜の分析編

この記事を読んだ人は、他にもこんな記事を読んでいます♪

12 Responses to “合唱コンクールで使える指揮のコツ|振り方編”

    • 匿名さん

      わざわざコメントありがとうございます!
      お役に立てたようで何よりです^^
      これからもよろしくお願いします~。

    • さーさん(さん?)

      コメントありがとうございます!
      お役に立てたようで何よりです^^
      ぜひ指揮者ライフを楽しんでください~。

  1. ありがとうございます!!
    とても参考になりました。
    始めての指揮者で、今週の金曜日に本番です!!頑張ります!!

    • あーちゃんさん

      コメントありがとうございました!

      「とても参考になりました。」
      僕にとってはこの一言が何より励みになります^^

      直前まで鏡で練習したら、
      あとは”当日いかに音楽を楽しめるか”が肝ですので!
      会場中の誰よりも音楽を感じて、楽しんでください!!

      またのお待ちを!笑

  2. 初めて指揮のオーディションを受けるのでとても緊張していましたが少し緊張がほぐれました。
    参考になりました。ありがとうございます。

    • ドラえもん0210号さん

      コメントありがとうございました!
      (そしてお返事遅れて申し訳ありません^^;)

      指揮のオーディションはいかがでしたでしょうか?
      もう遅いかもしれませんが、もしかしたら役立つかもしれないアドバイスをひとつ・・・

      楽譜の指示等を頭で暗記しようとすると、忘れたときにパニックに陥ってしまいます。
      記号を丸暗記するのではなく、音の流れや、雰囲気、映像のイメージとして頭に刻み込むと、生き生きとした音楽を指揮できるようになりますよ。

      もしよければ、どこかで役立ててみて下さい。
      またご質問等ありましたらお気軽に聞いてくださいね^^

  3. とても参考になりました!ありがとうございます!

    合唱大会で指揮をやらせてもらうことになりましたが、私はあまり音楽が得意ではなくて…
    強弱や緩急?が良くわかんないです。
    白馬の海という曲を歌うのですが、この曲について、何かアドバイス等頂けないでしょうか?

    • まきまこさん

      コメントありがとうございます!
      『白馬の海』聞かせていただきました。

      強弱や緩急が分からないとのことですが、具体的な
      箇所を教えていただければ、その部分について
      何かしらアドバイスできるかもしれません。

      「強弱や緩急」だけですと漠然と範囲が広すぎて
      曖昧なお返事しかできません故…

      例えば、以下の動画で「●分●秒のところが~」など
      教えていただけると嬉しいです^^
      https://www.youtube.com/watch?v=vQWalG16VG8

    • まず、
      表紙→拍子のことでよろしいですよね?

      次に、
      「拍子がずれている」とは

      ・誰の拍子が(指揮者or歌い手or伴奏者)
      ・どのようにずれている

      ことでしょうか?

      例えば、
      「指揮を振っていて、3拍子で振らなくては
      いけない部分を、曲中に誤って4拍子で振ってしまった」
      などの状況でしょうか。

      その辺りの状況が分からないと、
      恐らく求めている内容のアドバイスができません^^;

      ちなみに、もし仮に、「拍子」がずれているではなく、
      (指揮を振っていて)「拍」がずれてしまうのであれば、
      次の小節の1拍目で調整できるよう指揮を合わせます。

コメントを残す

最新記事