合唱コンクールで指揮を振る事になったけど、どうしたらよいかわからない人へ

こんにちは、ガクです。

「1か月後に合唱コンクールがあるんですが、どうしたら指揮が上手くなりますか?」

という質問を沢山いただきます。

ということで、今日は

本当に何をやっていいかさっぱり分からないよ!って人のための
とりあえずこれやっとけばなんとかなる講座(笑)

をお伝えしていきます。

 

1.しっかりと立つ

まずはしっかりと立つことから始めてください。

私たちは、自分ではしっかり立っているつもりでも、
猫背だったり、左右に傾いていたり、
実はまっすぐに立てていません。

それを簡単に確認できるのが、壁を使ったチェック方法です。

【姿勢チェック法】
かかと、ふくらはぎ、おしり、肩甲骨、後頭部
これらを壁にピタッとくっつけてください。

くっ付けましたか?

くっつけたら、それがあなたにとってのまっすぐの姿勢です。

もし、その姿勢に違和感があれば、
普段の立ち方に何らかの不具合があります。

そういう場合は、日頃から姿勢に注意してみて下さい。

 

2.指揮の構えを確認する

指揮のすべての動きの基本となる”構え”
徹底的に体に染み込ませましょう。

まず、1.で作った良い姿勢を保ったまま、
両手を手をグーにして腰骨の上に置きます。

「小学校の時の”前へ倣え”の先頭の人」
みたいなポーズになったと思います。

そうしたら、
その脇の広がりを保ったまま、
両手をみぞおちくらいの高さまで上げてください。

腰骨の上にあった手を、
身体の前へもってきて、みぞおちの高さでキープするのです。

出来ましたか?

出来たら、これが指揮の基本の構えになります。

【構えの作り方(簡略ver.)】
1.姿勢を良くする
2.両手をグーにして、腰骨の上に乗せる
3.脇の広がりを保ったまま、みぞおちの高さまで上げる

★前に出した時の手は、軽く開いている程度で構いません。

 

3.基本の動きを反復練習する

自分が振ることになる拍子の基本的な動きを反復練習して、
しっかりと体に染み込ませましょう。

流れとしてはこんな感じです。

  1. 良い姿勢、構えをつくる
  2. 利き手だけで振る
  3. 反対の手だけで振る
  4. 両手で振る

練習を始めたばかりのころは、
適当なテンポ、自分の振りやすいテンポで構いません。

が、2~3日やって慣れてきたら、
メトロノームでテンポを刻みながら振る練習をして下さい。
(メトロノームは無料アプリが沢山出ています)

また、振る大きさについても補足をしたいのですが、
ここでたくさん書くと混乱してしまうと思うので、
詳細は記事の最後に記載しておきます。

ここでは、自分が”自然に(楽に)振れる大きさ”で練習してください。

%ef%bc%94%e6%8b%8d%e5%ad%90%e5%9f%ba%e6%9c%ac

大分ざっくりとした説明図ですが、
4拍子の基本はこんな感じです^^

(図は、向かい合った姿を想定しています。
図の矢印の通りの方向に振っていただければOKです。)

ポイントは、
打点を全て同じところで打つことです。

打点をズラして振る方法もあるのですが、
テンポキープ強弱変化指揮者の振りやすさ
の観点から、上図の方法をお勧めします。

 

まとめ

「何をやればいいかさっぱりわからない!!助けて!!」
というあなたは、まずは上記の3つをやってみましょう。

  • しっかりとした姿勢を身につける
  • 指揮の構えを体に染み込ませる
  • 基本的な振り方を反復練習する

この3つですね。

それで、この記事を読んで、
もっと上級なことを知りたいぜ
と思った場合は、前の記事に戻ってみて下さい。

 合唱コンクールで使える指揮のコツ|振り方編
(詳細はこちらをクリック!)

以上が、とりあえずこれやっとけば大丈夫講座の内容です。

お読みいただき有難うございました~!

 

………

 

……

 

 

でも、

「前の記事じゃあ情報不足だ!もっと基礎から指揮を身につけたいんだ!」

という将来有望な人もいるかもしれません。

そういうあなたは、ぜひ
下の記事から「合唱指揮法独学講座」を読んでみて下さい。

 合唱指揮法独学講座0|概要
(詳細はこちらをクリック!)

この講座に書かれている事は、
決して1か月やそこらで身につくことではありません。

ですが、ここに書かれている事の7割でも理解して、
5割でも実践することができれば、
あなたの指揮は相当大化けするはずです。

ということで、気になる方はこちらをどうぞ。

 合唱指揮法独学講座0|概要
(詳細はこちらをクリック!)

それでは!

スポンサーリンク

最近の投稿

2 Responses to “合唱コンクールで指揮を振る事になったけど、どうしたらよいかわからない人へ”

コメントを残す