フレーズをつなげる指揮の振り方のコツ

こんにちは、ガクです。

「合唱のフレーズがぶつぎれになってしまうんです、どうしたらよいですか?」

Twitterで募集をかけている指揮の相談会に、
このような質問(悩み)をいただくことが多くなりました。

この悩みって、合唱をやっていれば誰もが経験ものですよね。

ということで今日は、合唱練習で良くありがちなテーマ
「フレーズ」
についてです。

このテーマに関して、
どうしたらフレーズのつながった指揮が振れるようになるのか
ということを話ししていきます。

………

の前に、、、、
まず、大前提として知って欲しい事が2つあります。

1つは、

「なぜフレーズをつなげたいのか」を合唱団に説明すること

です。

フレーズをつなげたいか所があったら、
その理由を説明してあげるんです。

例えば、
ここは単語の途中だからフレーズをつなげてほしい、とか
ここは意味的につながっているから、とか。

そうして、理由を付してあげることで、
合唱団は、あなたの指示を理解することができます。

逆に、理由を説明しないと、
合唱団は、あなたの指示を丸暗記しなければなりません。

理解と丸暗記

どちらが本番で良い効果を発揮するかは、
ここで論じるまでもないですね^^

ってことで2つ目、

フレーズをつなげたいか所をピンポイントで練習する

です。

例えば、『旅立ちの日に』で

「遥かな空の果てまでも、君は飛び立つ」

の部分をやるのであれば、
その部分だけを抜き出して練習していきます。

ここで、

「せっかくだから、冒頭の白い光の~からやっちゃおう!」

とかはダメなのです。

なるたけピンポイントで、
合唱団に他の事を考えさせないように
練習していくことが重要です。

歌う部分が長くなればなるほど、
本当に練習したいか所に掛けられる集中力は
減っていきます。

合唱団の集中力は有限です。

限りある資源は有効に使いましょう!笑

ってことで、指揮の振り方の前に
2つの大前提をお話ししました。

1.「なぜフレーズをつなげたいのか」を合唱団に説明すること

2.フレーズをつなげたいか所をピンポイントで練習する

この2つは非常に重要なので、
頭に刻み付けておいてください。

 

★フレーズをつなげる指揮の振り方のコツ

これについては、2つのコツがあります。

 

まずは、

4拍目から、次の1拍目にかけて重みを感じる

です。

これは図を見てもらった方が早いので、
下図をご覧ください♪

%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%8b%e6%8c%87%e6%8f%ae

細かい説明は、図内の通りです。

1拍目から4拍目にかけて、エネルギーを溜めていき、
それを次の小節の1拍目に向けて持っていく

そんなイメージです。
(これを、重いものをじっくり持ち上げると表現してます。)

1~2拍目は小さく振る、と書いてあるのですが、
ココにもちょっとしたマジックがあって、、、、

この時の小さく振るというのは、

次第に大きく振る事をしっかり意識して

行います。

3~4拍目でググッと持っていく、
これを意識した上で、あえて小さく振っている

このことが頭にあるかどうかで、
フレーズのつながり方が段違いに変わってきます。

この意識に関しては、
2つ目のコツができれば自然とクリアできることなので、
ここではそんなに心配いりません。

では続いて2つ目のコツ、

カウントにエネルギーを感じる

です。

先ほどの図をちょっと変えてみました。

%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%8b%e6%8c%87%e6%8f%ae%ef%bc%92

赤字が追加されているのが分かると思います。

「いち」「に~」「さん~」「しぃ~」

とこんな感じですね。

このカウントこそが、
フレーズをつなげる指揮を振るための
2つ目のコツなのです。

通常、指揮を振るときって

「いち、に、さん、し、いち…」

といった具合にカウントをしますね。

全ての拍が均等になるように、
お互いの拍が干渉し合わないように、
歯切れよいカウントで練習していると思います。

フレーズをつなげる指揮の時には、
これを少しいじります。

どういじるかというと、

「いち、に~、さん~、しぃ~、、、いち…」

といった具合に、
次の小節の1拍目に向かって
エネルギーを溜めていくのです。

つまり、1つ目のコツで説明した指揮の動きを、
カウントにも取り入れましょう!って話なのです。

カウントのポイントはいくつかあって、

  • 4拍目に向かってエネルギーを溜めていく
  • そのため、1~2拍目は意図的に小さく
  • エネルギーの高まりを感じさせる3拍目は最重要!

と、こんなところです。

 

まとめましょう。

フレーズのつながった指揮を振るためには、

2つの大前提

1.「なぜフレーズをつなげたいのか」を合唱団に説明すること

2.フレーズをつなげたいか所をピンポイントで練習する

2つのコツ

1.4拍目から、次の1拍目にかけて重みを感じる

2.カウントにエネルギーを感じる

が大事ですよ、ということをお伝えしました。

 

振り方のコツに関しては、
エネルギーという言葉が出てきて、
若干抽象論っぽい感じになってしまいました。

ですが、
カウントの仕方と指揮の振り方
この2点をまずは自分でやってみください。

やってみると、
意外とすんなり理解できます(笑)

文章だけだと、
なんだか難しい感じがするんですけどね。

 

もし、

「今の自分のやり方であっているか知りたい!」

「実際に振っているところを見てみたい!」

という要望があれば、
TwitterのDMよりご連絡ください^^

コメント欄に書いていただいても良いですが、
Twitterの方が返事が早い事が多いです。

 

それでは、
みなさんの指揮者ライフがより一層良いものになりますよう!

 

この記事を読んだ人は、他にもこんな記事を読んでいます♪

コメントを残す

最新記事