合唱指揮法独学サイトへようこそ!

こんにちは、管理人のガクです。

このサイトは、
中学生・高校生・大学生の学生指揮者に向けて
指揮を独学で勉強するためのノウハウを提供しています。

『指揮者』ってなんとなく
小さいころからピアノ弾いてて~
みたいなイメージありませんか?

僕はありました。

小さいころからピアノ習ってて、
絶対音感とか持ってて、
クラシック音楽聞いてて、
みたいな人だけがやることを許されるもんだと思ってました。

確かにプロはそうみたいですね。

けど、アマチュアは違うんです。

ピアノが弾けない:中学生まで黒鍵は飾りだと思っていた

楽譜読めない:知っている音楽記号はクレッシェンドとデクレッシェンドのみ

音感ゼロ:”ソ”の音を弾かれて、自信満々に”レ”と答える

大学に入った当時の私です。

我ながらゾッとするような状況でしたが、それでも
音楽経験ほぼ0の状態から、2年間で合唱団の指揮者になれたんです。

10~20人の合唱団じゃないですよ。

団員80人以上の、50年以上歴史のある大学合唱団の指揮者です。

そこで分かったのは、指揮者ってのは、
ピアノが弾けなくても絶対音感がなくてもできるんだってこと。

自分の頭で考えて、ちゃんと練習すれば、
自力でも十分うまくなれるんだなってことです。

そんなわけで、こちらのサイトでは、
指揮法を独学で学ぶための方法を公開しています。

 

しかも、ここで公開しているのは、ただの指揮法ではありません。
ただ腕の振り方を解説して終わり、そんなありきたりな指揮法ではないのです。

 

では、どんな指揮法なのか?

 

それは、
音楽をより抽象度の高い状態で捉え、
それを指揮で表現できる指揮法です。

 

もうちょっとわかりやすい言い方をすると、

指揮を見た合唱団、演奏を聞いたお客さんが、
音楽の世界にアリティを感じ、
心も体も音楽の世界に没頭できるようになる

そんな指揮法です。

 

このページを見ているという事は、
何らかの理由で、指揮法に興味があるのだと思います。

 

もし、本気で、しかも独学で、指揮法を習得したいと考えている場合は、
このサイトを読み進めてみてください。

 

そして、このサイトに書かれていることを、実践してみてください。

初心者経験者を問わず、必ず素晴らしい指揮を振れるようになります。

 

このサイトに書いてあることを丁寧に実践してもらえれば、

あなたは、ただ腕を振るだけじゃない、

合唱団を、より音楽的な世界へと導くことのできる指揮者になる事ができます。

 

それでは、以下よりお進みください。


【基礎からしっかりやりたい人にオススメ】

~どんな曲にも対応できる、がっしりとした基礎を作り上げます~

独学で学ぶ合唱指揮法講座0

 

【合唱コンクール・合唱祭などを直前に控えている人にオススメ】

~短期間で効果のでるコツをご紹介~

〔合唱コンクールで使える指揮のコツ〕振り方編

 

【合唱団の声を聞き分けられないという人にオススメ】

~絶対音感とか持ってない・・・そんな悩みを解消します~

指揮者にとって絶対音感は必要か

コメントは受け付けていません。