合唱団が自分から音楽を作ってくれないのはなぜか?

指揮者の指示をよく聞いてくれるんだけど、それだけに終わってしまう合唱団というのがあります。つまり、合唱団自らが音楽を作ってくれない状態です。その原因は、指揮者他合唱団の関係が○○な状態にあるからです。ここでは、その原因についてお伝えしていきます。 合唱団が自ら音楽を作ってくれない 指揮者をやっていると、 こちらの指示はよく聞いてくれるんだけど、 自分たちからは音楽を提示して

続きを読む

指揮者に必要な品の良い姿勢はまず下半身から

品の良い姿勢は指揮者にとって不可欠なものですが、美しい姿勢を作るためには上半身への注意だけでは不十分です。建物は土台が命なように、人の姿勢もまずは下半身:土台作りからしっかり行う必要があります。 下半身から姿勢を作る https://twitter.com/studyconducting/status/760644578105921536 しっかりとした美しい姿勢を作るためには、

続きを読む

指揮がワンパターンと言われてしまう人へ、振り方にメリハリをつける方法

指揮に慣れてくると、振り方のバリエーションが固定されてしまい、ついついワンパターンになってしまうなんてことがあります。こちらでは、指揮がワンパターンになってしまった場合の、3つのメリハリの付け方をご紹介します。 指揮がワンパターンと言われてしまう人へ この3つについて、詳しくお伝えしていきます。 モデリングをし、新たな指揮を取り入れる 自分の指揮がワンパ

続きを読む

初心者でも合唱指揮の左手の振り方が分かるように説明します(続)

前回の、「初心者でも合唱指揮の左手の振り方が分かるように説明します(1)」の続きです。「右手はリズム、左手は表現」の先入観を取っ払ったところで、「じゃあどうやって両手で振るのか?」という話をしていきます。 両手指揮の振り方 前回の記事を読んでいない方はこちらからどうぞ! 初心者でも~説明します(1) ということで今回は、 どうやって両手で振るのか? どうしたら両方の

続きを読む

初心者でも合唱指揮の左手の振り方が分かるように説明します

左手の振り方を解説 初心者が指揮に取り組むときに悩みやすいのが、左手の振り方。その大きな原因は「右手と左手で別々の指示を出さないといけないの!?しかも同時に!!」という考えからきています。こちらでは、初心者でも左手の使い方、振り方が分かるよう、動画も交えて具体的に説明していきます。 合唱指揮の左手の振り方を初心者にもわかりやすく! 指揮を始めたばかりの人が

続きを読む

合唱練習で指揮者が使うとモチベーションが下がる言葉

こちらのページでは、合唱の練習中についつい使いたくなるけれど、指揮者は使うべきではない「言葉」についてお伝えしていきます。その言葉たちは、使うとその場の雰囲気が悪化するだけでなく、その後の指揮者への信頼感にも大きな影響を及ぼしかねない、非常に重要なものなのです。 指揮者は決して使ってはいけない言葉 合唱の練習をしていると、色んな指示を出すことがあると思います。 曲調に関す

続きを読む