歌詞に神経を通わせることの大切さ(いざたて戦人よ)

お客さんを感動させるための、歌詞に神経を通わせる方法についてご紹介。 1つ1つの言葉に意識をもつ 歌詞に神経を通わせるとはどういうことかというと、1つ1つの言葉(単語)を意識して歌うということです。 では、1つ1つの言葉を意識するとは何か? それは、楽曲の中で、言葉がどういうニュアンス(意味合い)で使われているかを考える、ということです。 具体例を見てみましょう。

続きを読む

クラス合唱での指揮のやり方|超初心者指揮者になった人はこちらを!

こちらでは、「クラス合唱の指揮者になったけど、何をすればよいか全く分からんぞ!」「周りの人に勧められて指揮者になったけど、自信ない~」という超初心者の方に向けて、合唱指揮者は具体的にどんなことをしていけば良いのかを徹底的に網羅して説明していきます。 クラス合唱での指揮 クラス合唱の指揮者には、やらなくてはならない事がいくつかあります。 練習計画を立てる 練習メニューを考

続きを読む

合唱団の練習に対する満足度を一気に向上させる方法

こちらでは、日々の練習に対する合唱団員一人一人の満足度を高める方法をお伝えしています。この方法を使うと、満足度を高められるだけでなく、合唱団との信頼関係が深まり、楽曲に対するイメージが深まり、練習の進行がスムーズになるというステキな副作用が付いてきます。 簡単にできて満足度を高められる方法 合唱の練習を行っていると、 知らず知らずのうちに合唱団側にフラストレーションがたまっている

続きを読む

合唱団が自分から音楽を作ってくれないのはなぜか?

指揮者の指示をよく聞いてくれるんだけど、それだけに終わってしまう合唱団というのがあります。つまり、合唱団自らが音楽を作ってくれない状態です。その原因は、指揮者他合唱団の関係が○○な状態にあるからです。ここでは、その原因についてお伝えしていきます。 合唱団が自ら音楽を作ってくれない 指揮者をやっていると、 こちらの指示はよく聞いてくれるんだけど、 自分たちからは音楽を提示して

続きを読む

合唱練習で指揮者が使うとモチベーションが下がる言葉

こちらのページでは、合唱の練習中についつい使いたくなるけれど、指揮者は使うべきではない「言葉」についてお伝えしていきます。その言葉たちは、使うとその場の雰囲気が悪化するだけでなく、その後の指揮者への信頼感にも大きな影響を及ぼしかねない、非常に重要なものなのです。 指揮者は決して使ってはいけない言葉 合唱の練習をしていると、色んな指示を出すことがあると思います。 曲調に関す

続きを読む